2020.03.15

みぞれ雪の中で・・・♪

昨日は朝からずっと室内で仕事をしていましたが、午後に面談のために新宿オフィスへ向かうために世田谷オフィスを出て初めて、雪が降っていることに気が付きました。

その時は、粉雪ではなく、みぞれ混じりのような冷たい雪でした。

今日本中が(世界中だと思いますが!)コロナで大騒ぎとなっていますので、なんとはなしにいつもと違い、感傷的になり、天気も今の世の中の状態を悲しんでくれているのかも?と思ったりしました。


一昨日も仕事中に外で遠くに救急車のサイレンを聞いたのですが、いつもと違う説明のできない胸騒ぎを感じてしまいました。いつもは「急病人が出たのかな?」とか「事故があったのかな?」と思うくらいなのですが、一昨日はそれ以上の何かを思わず強く感じさせられたのでした。

つまりコロナの影響で、世の中全体がすっぽりと「見えない不安」に包まれてしまっているのだと思います。それほど影響を受けない方もいらっしゃるとは思いますが繰り返しTVで流される報道には、見る者の不安を掻き立てる要素がたくさんあるように思います。今現在もそうですが、これから、コロナの脅威が日本なら日本中すべてを覆ってしまうかもしれないというような不安でしょうか・・。

勿論多くの方達がそうならないようにものすごい努力をされていると思いますし、一個人の方達も、できることの万全の努力をされていると思います。そうして最大限の努力しても尚、大変な事態が起こったとしたなら、その時はその時で、やはり多くの人が力を合わせて、困難を乗り越えてゆくしかないのだと思っています。

みぞれの混じる雪の中を歩きながら、私自身の中にも、どんなことがあっても、がんばるぞ!という小さな覚悟が生まれました。と同時に、コロナの現象が起こる前の何もない、何でもないありふれた日常が、どんなに尊く、ありがたいものであったかということに、改めて気づかされたのでした。